Plants Associates Inc.

Menu

JP | EN

新山口駅北口駅前広場「0番線」Shin-Yamaguchi Sta. North Square Platform Zero

2019 / 山口県山口市Yamaguchi, Japan

2011年の設計プロポーザル時から、コンセプトは、一貫して「まちと駅をつなぐ」ことにあった。駅がまちへ進出していくイメージから「0番線」と名付けたブリッジ状の施設を北側既存市街地と接する前面道路沿いに配置し、主要動線を集約した「グランドプラザ」によってJR駅舎や南北自由通路と結ぶことで駅とまちの結びつきを強化している。駅ビルのように施設を集約するのではなく、低層施設に小規模な機能を分散させ、互いに「見る/見られる」の関係をつくることで利用者に広場全体の活用を促すと共に既存市街地への流れを生み出すことを試みた。
先行して完成した南北自由通路においては、通路としての機能を確保しつつ、パトリックブラン氏監修による県内に自生する植物で構成された壁面緑化や足元を行き来する鉄道を楽しみながら時間を過ごすことができる居場所を設けた。その流れを駅前広場につなげ、自由通路から続くデッキレベルと地上レベルに、日常利用から観光目的に至る多種多様な利用者が、目的に応じて利用できる滞留空間を設けている。特に、デッキレベルにおいては、周囲を美しい山並みに囲まれた山口の魅力を発見できる新しい視点を提供する場となった。

This station square, called by nickname Zero-bansen (Platform ZERO), is very unique space with Tourist information center, Police station, café, gallery, and traffic facilities such as Bus terminal, Taxi stand. Our design concept was to connect the city and station from the beginning of the project. We tried to promote the use of the whole area by putting small facilities in several area and also make the stream of people from the station to the existing city area.
North-South Free Passage, completed precedently as a part of this project, have enough width for not only for passage but also for spending time while enjoying the view and also the vertical garden, designed by Patrick Blanc, of plants collected in Yamaguchi. We extended this idea of space to the station square, then various staying places are prepared for various people such as local residents and tourists both on the ground level and upper level.

第60回 (2019年)BCS賞
第52回(2018年)日本サインデザイン賞金賞
DSA日本空間デザイン賞BEST 50(2018年)
JCD International Design Award 2018 BEST 100
第11回JIA中国建築大賞2019大賞(一般建築部門)