Plants Associates Inc.

Menu

JP | EN

安曇野高橋節郎記念美術館Takahashi Setsuro Museum of Azumino

2003 / 長野県安曇野市穂高町Nagano, Japan

現代漆工芸の代表的な作家、高橋節郎氏を記念する美術館。
敷地内には高橋氏の生家である江戸中期創建とされる茅葺の主屋や幾つかの土蔵が残っており、計画にあたっては、現存する多くの樹木と共にこれらの古民家群を展示・収蔵を目的とした新設館と一体的に整備することが求められた。新設館を単純で抽象的な形態とし、水庭や石庭を挟んで古民家群と向き合うような計画とすることで新旧の建物の関係性を明確にしようとした。ギャラリーやメディアフォーラムといった来館者に対して自由に開かれた場所をこれらの庭園に面して配置することで、作品の鑑賞と共に、建物内からも古民家や周辺の安曇野の風景を望むことができるような計画としている。また、この建築では寒冷地における室内環境制御や省エネルギー対策も重要なテーマである。新設館では建物の周囲に設けた空気層(エアトレンチ)を積極的に利用したパッシブな手法による環境制御を行っている。

This museum was built in memory of Setsuro Takahashi, a leading exponent of modern Japanese urushi lacquer craftsmanship. One of the central design themes is the harmony between the rural landscape and culture of the Azumino region in which Takahashi was born and raised. The recreation within the museum grounds of the private home of an artist from the middle Edo period is part of a reconfiguration of the museum that incorporated a structured visitor course integrated with the new annex, giving the complex a new lease of life. By utilizing the distinctive features of the old and new structures, the museum has been able to provide visitors with additional value.

指名プロポーザル特定
第2回エコビルド賞
第36回中部建築賞
第3回芦原義信賞
第38回SDA賞準優秀賞
日本建築学会作品選奨2005
第46回BCS賞
日本建築家協会優秀選2005
第6回JIA環境建築賞
第4回環境・設備デザイン賞

Invited Design Proposal : First Prize
2nd ecobuild Award
Chubu Archtecture Award
Yoshinobu Ashiwara Memorial Award
38th Sign Design Association Award : Third Award
AIJ Award for Annual Architectural Design Commendation
Building Contractors Society Award
JIA Award for Environmental Architecture
Environment and Equipment Desing Award

photo by Toshiharu Kitajima